ブライダルPunono

News

お知らせ

「やっぱり一人は寂しいのかな?」成婚女性Bさんインタビュー①

2024/06/24

ブライダルPunono(プノノ)で実際にご成婚した方のインタビュー記事です。

Bさん(女性・医師・32歳)

お相手の方(男性・公務員・32歳)

 

婚活を始めたきっかけ「やっぱり1人は寂しいのかな」

 

私は一人っ子で、親戚も近くにいません。今は良かったとしても、老後を考えたときに、「やっぱり1人は寂しいのかな」と思ったことが、婚活を始めたきっかけでした。

また、祖母が亡くなったときの両親の様子を見て、「自分の親が亡くなったとき、一人ではちょっと耐えられそうにない」と感じたことも、大きかったですね。

誰かと共に歩む人生を欲したというか……。

 

「この人なら頼れる」とPunonoに入会

 

アプリだけで本格的な婚活をするのはなんだか怖いので、対面で相談できるサービスを探しました。インターネットでいろいろ検索したときに、家からも通いやすい場所にあって、感じの良さそうな結婚相談所を見つけました。それが、Punonoです。

 

Punonoの事務所で面談したときに、清水さんが本当にあたたかい感じで。お話ししているうちに「この人なら頼れるな」と思い、入会を決めました。

 

 

真剣交際の彼と破談、「もう婚活やめようかな」と思ったことも

 

Punonoに登録してからの婚活期間は、1年と1ヶ月。自分では「長くかかっちゃった」と感じていますが、結構コンスタントにお見合いはできていました。

 

実は、成婚前に一度、真剣交際まで進んだ方がいたんです。でもその話は、結局ダメになってしまいました。その件でなんだか疲れて、「婚活やめようかな」と思ったこともありました。

そのとき、清水さんにいろいろ話を聞いてもらったのですが、やめたいとか休みたいとか私が言う前に、「とりあえず、次、この人と会ってみたら?」みたいな感じで。何となくズルズルと婚活を続けることになりました。

結果的に、それが吉と出たわけです。たぶん、清水さんとしては、そこまで見えていたんだと思います。

 

 

性格を見極めて、上手にリードしてくれた

 

私は結構、好き嫌いがはっきりしているというか、ダメな人はダメ、みたいな感じのところがあります。主張が強いタイプだと分かってくれていたので、あまり「ああした方がいい」「こうした方がいい」みたいなことは言われませんでした。

 

でも、破局で落ち込んでいたときばかりは、すごく積極的に勧めてくれて。そのおかげで、「とりあえず、清水さんが勧めてくれた人とだけ、一度会ってみるか」という気になりました。そんな感じで婚活を続けているうちに、お申し込みがあったりして、何となくそのまま婚活を続けることになって。そして、今の人に出会えたんです。

 

今思うと、すごく上手にリードしてもらえたんだな……と。1から100まで全部あれこれ言われると、たぶん、私の気持ちは離れちゃうんです。それが分かっているから、普段はあまり口を出さなかった。でも、ここぞという時にはグイグイ押してくれる。本当にありがたいです。

②に続きます

一覧はこちら
無料相談予約

ご相談

無料相談予約 無料相談予約        ページトップ