ブライダルPunono

「婚活中の方へのアドバイスは、、、」成婚男性Aさんインタビュー③

2023/08/30

婚活を振り返って   とにかく時間を作るのが大変でした。仕事も忙しかったし、両親も体調を崩していた時期で。あと、ちょうどその頃、自分も仕事で腰を傷めていて、本当に何もかも大変なときにPunonoに登録したんです。 仕事だけでも大変なところに、婚活用の時間を用意しなきゃいけない。相手が土日休みとは限りませんからね。平日休みの方がいたら、仕事が終わってから会いに行くわけです。仕事が終わった後、19時に待ち合わせして。それも大変ですよね。翌日の仕事もあるのに。 でも、今振り返ると、やっぱりベストなタイミングで婚活を始めた気がします。今だったら、仕事がもっと忙しくなっているし、体力的にも、婚活なんてとてもできなかったでしょうから。     結婚してよかったこと   仕事、きついんですよ。これを1人で頑張るって、限界があると思います。自分1人だったら、あんまり頑張る気力が湧かないんじゃないかと。自分が死んだら何も残らないというのでは、そこまで頑張ろうなんて気持ちも起きない。でも、結婚して娘が生まれたら、どんなにきつくても、「仕事頑張らなきゃな」という気力がみなぎってきます。家族が心の支えになってくれている。エネルギー源になっている。そう感じますね。     婚活中の方へアドバイス   婚活って、いざ始めてみると、思っていた以上に難しいじゃないですか。条件に合う人とは気が合わなくて、気の合う人とは条件が......みたいなこともあるでしょうし。 あと、周囲の人に相談すると、みんながみんなバラバラなことを言って、結局誰の話を聞けばいいのか分からなくなったりとか。 考えれば考えるほど、分からなくなる。 でも、最後の決め手って、案外、直感なんだと思います。 他の人がいろいろ言ってきて、自分も頭で考えるんだけど。でも、自分の気持ちに正直になると、分かる。 最後、決めるのは自分ですから。 その決断が正しいかどうかなんて、死ぬときまで分かりません。結婚に限らず、仕事選びでもなんでもそう。人生って、分からない。 でも、決めなきゃいけないタイミングは必ずある。外野の声とか頭でグルグル考えたことはいったん脇において、自分と向き合って、自分の直観を信じることが大切だと思います。  

「お見合い三人目で運命の出会い」成婚男性Aさんインタビュー②

2023/08/29

Aさん(男性・会社員/製造業・35歳) お相手の方(女性・ショップ店員・37歳)   奥様との出会い   お見合いしたのは、3人です。 活動開始から1~2ヶ月の間に3人お会いしました。 今の奥さんは、清水さんから「ぜひ会ってほしい人がいるの。Aさんに、ぴったりだから、絶対気に入るから会ってみて」と紹介されました。 でも実は、自分の出した希望からは、外れていたんです。 最初に希望の条件を聞かれたとき、「年下がいい」と回答していたんですが、「条件からは外れてるけど、会うだけ会ってみて」と言われて。「そこまで言うなら」という感じで会ってみたのが、今の奥さんです。     最初の印象   今の奥さんとは、最初のお見合いで会ったとき、「またお話ししたいな」と感じました。もちろん緊張はしましたが、全然嫌な感じではなくて。一緒にいて、疲れない。 それで、2回、3回、4回と、デートを重ねていきました。話していると、思うこと、感じることが近くて。同じタイミングで同じ言葉を言ったりとか。波長が合うんでしょうね。 それで、初めて会ってから1ヶ月ぐらいでプロポーズして、成婚退会しました。 一応、スピード成婚ではありますが、だからといって、一目惚れとか、熱烈な恋愛とか、そういうわけでもなく。「また会いたいな」という気持ちに毎回なる。そんな感じでしたね。     他の相手との違い   デートを重ねていくと、だんだん会う時間が長くなっていくじゃないですか。そうすると、分かってくるんです。当時は同時期に3人の方と会っていたので、土曜日はこの人で、日曜日は別の人、次の週はまた別の人、という感じで会っていると、違いが見えてくる。 他の人と会っているときは、「ちょっと疲れたな」とか「もう帰りたいな」と思うわけですよ。申し訳ないけれど。でも、今の奥さんとは、そういうのが全然なかった。 本当のことを言うと、最後まで迷った女性が一人いるんです。その方は、少し若い方で。自分は結婚の条件に「年下」というのを入れていたくらいなので、若い方と今の奥さんと、悩みました。でも、これから永く一緒に生活していくことを考えたら、「楽なのが一番だな」と思い、今の奥さんを選びました。     Punonoのサポート   とにかく、Punonoでは話を聞いてもらえます。全然気を遣わなくていいし、親身になってくれるし。話していて楽で、何でも話せてしまいます。 あと、清水さんが自分の身の上話もしてくれたんです。ご自身の結婚や再婚の話を。その実体験から「相手のこういうところを見るのよ」と言われると、ものすごい説得力があって。 もう、「何でも任せちゃえ」という感じで、「次どこ行ったらいいですかね」「どんな話したらいいですかね」というところまで全部、相談に乗ってもらっていました。なので、すごく気持ちが楽でしたね。

「女性を見る目が自分には無いと思っていました」成婚男性Aさんインタビュー①

2023/08/24

ブライダルPunonoで成婚された方のインタビューをお届けします。男性の会員さんです。 Aさん(男性・会社員/製造業・35歳) お相手の方(女性・ショップ店員・37歳)   婚活を始めたきっかけ   婚活を始めたのは、33歳のとき。仕事が忙しくて、出会いがなかったんです。男ばかりの職場で、取引先も男性ばかり。 姉が結婚して子どもができて。その様子を見ているうちに、「自分もそろそろ結婚してもいいかな」と思うようになりました。 最初、親に「婚活しようと思うんだ」と言ったら、反対されたんですよ。「そんなこと必要ない」って。 でも、普通にしていたら出会いもないし、これじゃいつまでたっても結婚できるわけないので、婚活することを決めました。     最初は別の婚活システムを利用   最初は、婚活サイトというかアプリというか、アプリなんだけど相談員も対応してくれる、みたいなところで婚活を始めました。 半年くらい、そこで活動してみたんですが、とにかく大変で。全部自分で申し込んで、会って、スケジュールを立てなきゃいけない。一応、相談員がいるにはいましたが、どうも表面的なことばかりで......。 あと、相手の女性も、なんかこう、真剣じゃないというか、こちらを品定めするだけで、「お互いを知ろう」という感じが見られないんです。こちらは真剣に結婚相手を探しているんですけどね。 「このままじゃなかなか結婚できそうにないなぁ」と感じていたとき、インターネットでPunonoを見つけたんです。     Punonoに登録   話だけでも一度聞いてみようと思って、面談の予約をしました。Punonoって、本当に小さな事務所なんです。ホームページで場所は確認しましたけど、実際行こうとすると、「ここ大丈夫なのかな?」とドキドキしました。 でも、あんまり人が大勢いても落ち着かないので、こういう小さくてアットホームな事務所で、ちょうどよかったのかもしれません。 あとは、清水さんの人柄ですよね。すごく話を聞いてくれて。それですぐ、Punonoに乗り換えました。     Punono入会後、わずか4ヶ月でスピード成婚   Punonoに登録してからは、あっという間でした。 写真を撮ったりプロフィールを作ったりで、準備に1~2ヶ月かかりました。プロフィールについては、面談で質問にだけ答えて、何をどう書くかについてはPunonoに全て任せました。 また、お見合い相手探しについても、希望の条件だけ伝えて、あとは丸投げです。自分には女性を見る目がないと思っているので、そこはプロに任せてしまおうと思いまして。 結果、その任せっきりがよかったみたいです。入会から4ヶ月で成婚。準備期間を除くと、Punonoでの活動は、実質2ヶ月あるかないかでした。②に続きます

夏期休業のお知らせ

2023/08/06

8月13(日)~16日(水) 夏期休暇となります。 尚、LINE、メールでのお問い合わせや会員さんのフォローは対応しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

私が結婚相談所をはじめたわけ Vol.2

2023/08/06

人との繋がりを継続させることが難しい時代 あらゆるモノが溢れかえっている昨今、 お金である程度、欲しいものは手に入ります。 生きるための食料や住居、衣類、医療、娯楽に社会インフラまで、 現代日本では多くの人が獲得しています。 情報すらもゴシップからフェイクニュース、 さらには、SNSの発展により、 個人情報保護法はどこへ行ってしまったのかとばかりに 個人の情報から誹謗中傷までつねに垂れ流しにように溢れ、 ターゲットの晒された人は耐えきれず自ら命を絶ってしまうという 最悪の事態が起こっているような現状です。 ここ数年はコロナ禍ということもあり、 「人と繋がること」「人との繋がりを継続させること」が より難しくなってきている時代。 いくらSNSで「いいね」をもらっても、 スマホ画面上ではなく、心からの繋がりや人の温もりを 実感できることを人は欲しているのではないでしょうか。 でも、人と接すること自体が希薄な現代では、 実際どうしたらいいのかわからないという人も多いのでは? 私はそんな「人と繋がりたい」と思っている人のサポートとして、 人と人を繋げる仕事をしたいと思ってきました。 その気持ちは、ずっと変わりません。 仕事仲間が大勢いる職場や、永遠に変わらない家族の中にいても、 時折、なぜか独りぼっちでいるような気持ちを感じてしまう。 そんな孤独感に苛まれている人は、けっこういるのではないでしょうか。 いつも笑顔でテキパキと仕事をこなしているAさんや、 実家暮らしでご両親を大切にしているBさんなど、 傍から見たら、人からのウケもよく人気者のように見えても、 実は人しれず悩んでいる、不安を抱えているケースもあると思います。 簡単に人を信用しないことは今のご時世では大事ですが、 ある程度、心を開けた相手ならば、もっと信用して 自分のことを話してみてはどうでしょう。 大人になればお世辞や、世の中の流れに同調して 生きていくことも増えます。 それは社会で生き抜くには必要なこと。 だけどそれだけではツマラナイ人生になってしまいます。 もっと自分を出してみてもいいのでは? 本当のパートナーシップ、心で繋がれる家族、夫婦、カップル、 そして私たちカウンセラーと会員さんの関係が信頼で繋がり、 オープンに自由に話し合える場所。 ブライダルPunonoはそのような場所でありたいと願っています。

「男の婚活・net」ご紹介いただきました!

2023/08/02

男の婚活・net メディア紹介いただきました。 ブログを書いている、されどわさんは何と! 婚活パーティー→マッチングアプリ→結婚相談所と、いろいろな婚活で苦戦すること7年。婚活に使ったお金は300万円以上。200人以上の女性とお見合いをして、ようやく現在の奥様とご結婚された婚活経験者。婚活に悩む、男性向けのサイトです。 https://konkatsu-mens.net/gunma-marriage-agency/22850/

無料相談予約

ご相談

無料相談予約 無料相談予約        ページトップ