ブライダルPunono

Blog

ブログ

「お互いを知ることができて、すごく安心しました」成婚女性Hさんインタビュー①

2023/01/07

ブライダルPunonoで成婚された方のインタビューをお届けします。女性の会員さんです。 Hさん(女性・会社員/事務・28歳) お相手の方(男性・士業・30歳) 婚活を始めたきっかけ 婚活を始めたのは、20代も終盤に差し掛かったからです。 ずっと実家で暮らしているのですが、とにかく「早く家を出なさい」とずっと言われ続けていました。 それこそ、10代の頃から、「早く結婚して、家を出るのよ」と。 25歳を過ぎてからは、それこそ「孫の顔を見せてね」「ダメだったら戻ってきてもいいから、1回結婚しなさい」と言われ続けていて。 独身のまま30歳を迎えるわけにはいかない......みたいな空気がありました。 で、ある日、「結婚相談所に行ってみれば?」と紹介されたのがPunonoさんです。 Punonoを選んだポイント 家から近いことと、会費が安かったというのが、家族がPunonoを選んでくれた理由みたいです。ここなら「行きやすいんじゃないか」と言われました。 私は子どもの頃からすごい引っ込み思案で、人見知りもかなり激しいんです。恋愛に関しても、それまであまり積極的になれなくて。 家族に言われなかったら、相談所にもなかなか行けなかったと思います。 Punonoの事務所に伺うと、担当の清水さんがとても優しそうな方で、私でもあまり気負わずにお話ができました。私はなかなかの話下手なのですが、たどたどしい私の話も、じっくり丁寧に聞いてくれて。とても話しやすかったんです。 あと、ご自身の話も、いろいろとしてくれました。こちらの情報を一方的に知られるというのではなく、お互いを知ることができて、すごく安心しました。 それで、入会を決めました。 Punono登録後の活動 Punonoさんに登録してから、割と早いうちから、何件かアプリ上でお見合いの申し込みがありました。 「初めて会うときは1時間だけ」と決まっていたのが、よかったです。 初対面が苦手ですが、「1時間で終わる」と最初から分かっているので、気が楽でしたね。 清水さんは、「あんまり気負わずにね」「話が持たなくなっても大丈夫だからね」と声をかけてくれました。 何を着ていけばいいのかも分からないし、どんなことを話したらいいのかも全く分からなかったのですが、「自分が聞きたいことがあれば聞ければいいし、特になければ、相手の話を聞いて、相手が何か聞いてきたらそれに答えればいいから」と言ってもらえて。 それまで「うわっ、お見合いだ」と緊張していたのですが、「そんなに身構えなくてもいいのかな」と思えるようになりました。

「サポートしてもらえているという安心感がすごい」成婚女性Nさんインタビュー③

2022/12/31

ブライダルPunonoで成婚された方のインタビューをお届けします。女性の会員さんです。 Nさん(女性・会社員/販売・31歳) お相手の方(男性・会社員/製造業・35歳) Punonoで得られた安心感 実は、Punonoさんに伺ってお話をしたことは、ほんの数回しかなくて。 私は3人の方とお見合いをしたのですが、2人目にお会いした方と結婚しました。トントン拍子に話が進んだので、Punonoさんには最初の入会時と、本交際に入ってから「最近どう?」みたいなお話と、その後もう1回行ったかな。あとは、退会の手続きで、実質4回行ったか行かないか、という感じでした。 Punonoさんとメールではやりとりしていましたが、実際に会っていなくても、サポートしてもらえているという安心感がすごい。 ベテランなので、こちらの話もしっかり聞いてくれるし、返ってくる言葉も信用できる。包容力というか、すごい安心感を与えてもらいました。 相手選びのポイント 夫を選んだポイントは、フィーリング的なところです。話しやすかったので。 あと、ペット好きというところも大きかったです。 お互い実家で犬を飼っていて。私の実家の子達はもう死んじゃったんですけど。彼も実家で犬を飼っていました。その犬種が一緒で。そういうところから、話が盛り上がりましたね。 私は今、小動物を飼っているのですが、それに対して興味を示してくれたのも嬉しかったです。ペットを飼う・飼わない、興味がある・ないって、男女関係なく人によって違うところなので。そういうところで気持ちが合う人というのは、とても貴重です。 あと、お付き合いを進めるなかでは、食の好みが合うことも大切でした。 家庭環境に関しては多少違うところもありましたが、家族の話とかをしてみると、結構価値観が近くて。 細かな条件などよりも、そういったフィーリング的なところが、夫を選んだ要因としては大きかったですね。 婚活中の方へアドバイス 面談に伺った結婚相談所は、Punonoさんが2箇所目でした。 それまで、アプリでの婚活もしてみたことがありますが、合う・合わないがすごくあるな......と。 仲人型のところを選ぶのであれば、気になる結婚相談所には全て行ってみて、話を聞いてみた方がいいと思います。やっぱり相性があるので。 実は今、私の妹がアプリで知りあった方とお付き合いしてるんです。妹の話を聞いていると、自分でいろいろ判断できる人、線引きができる人なら、アプリでもいいんじゃないかと感じます。 でも、優柔不断なタイプの方とか、いろいろ不安に感じている方は、人が仲介してくれるところをお勧めします。

「結婚相談所は安心で安全なシステムだと思います」成婚女性Nさんインタビュー②

2022/12/25

ブライダルPunonoで成婚された方のインタビューをお届けします。女性の会員さんです。 Nさん(女性・会社員/販売・31歳) お相手の方(男性・会社員/製造業・35歳) 結婚相談所はハードルが高い 無料で気軽に登録できるアプリなどと比べて、結婚相談所というのは、ちょっとハードルが高い感じがあります。 お金がかかるということもあるし、周囲の反応としても、「え、結婚相談所?」みたいな。 最近はアプリ婚が増えたので、アプリに関しては心理的なハードルが随分下がってきているように思いますが、結婚相談所となると、「ちょっと...」と。 私自身、多少そういう気持ちもありました。 でも、実際に使ってみると、だいぶ違いました。 もちろん、それなりにお金はかかりましたが、相手のことが事前に分かるとか、お付き合いを進めていくなかで間に入ってもらえるとか。 言葉は悪いかもしれませんが、「安心をお金で買った」という感じです。 あと、結婚相談所の場合、お金を払っている分、お互いの本気度が高いというのもポイントです。 「ちゃんとやらなきゃ」という気持ちにもなるし、しっかりサポートもしてもらえる。 私はPunonoさんに登録してから4ヶ月というスピード婚だったのですが、これだけ短期間で結果がでたのは、本気で取り組んだというのも一因だと思っています。 そういった意味でも、結果としては、結婚相談所を利用して良かったと思っています。 安心、安全なサービス 無料のサービスは気軽な反面、信用ならない男性が登録しているケースも結構あるみたいです。女性にとっては、身の危険もあると思います。 その辺りを考慮しても、結婚相談所の信頼度は高いですね。 お断りするときに、アプリだと自分でお断りしなければいけません。なかなか言いにくいですし、ギクシャクしてしまったり、相手に納得してもらえなかったりすることもあります。お断りしたときに食い下がられるというのには、一番困りました。 その点、結婚相談所ではお断りをお任せできるので、非常に心強いです。断わったとしても、その後、何か怖いことが起きる可能性もありません。そういうところが、すごくいいですよね。 相手の身元がはっきりしているし、直接断らなくていい。 アプリの場合、本人同士のやり取りが始まると、その先はLINEなどでのやりとりになります。仲介者なく個人的なやり取りをするので、大なり小なりリスクを抱えることになります。 身の安全という点でも、女性にとって、結婚相談所は安心で安全なシステムだと思います。 2023年に結婚したい、婚活を始めたい女性を応援します!入会費半額キャンペーン実施中 詳しくはこちらをご覧ください。

「”大丈夫だな”と思わせてくれる説得力があったんです」成婚女性Nさんインタビュー①

2022/12/18

ブライダルPunonoで成婚された方のインタビューをお届けします。女性の会員さんです。 Nさん(女性・会社員/販売・31歳) お相手の方(男性・会社員/製造業・35歳) 不安が大きかったアプリでの婚活 最初に婚活をしてみたのは、20代半ばの頃でした。スマホアプリで。 でも、アプリの場合、お互いの素性がはっきり分かりませんよね。間に入ってくれる人もいないし。なので、どうしても自己責任が伴うし、やり取りするのが少し怖いという感覚があって。 特に女性にとっては、ちょっと不安というか、場合によっては危険なことも起こりそうな気がしたんです。 それで、私には向いてないと思い、半年くらいでやめてしまいました。 アプリをやめてからはしばらくは、特に婚活らしいことはしていませんでした。 でも、周りの友達に結婚や出産が立て続いて、少し「また婚活してみようかな」という気持ちになりました。 活動再開の一番大きなきっかけは、家族ですね。私の父はずっと単身赴任をしていたのですが、コロナ禍でリモートワークになってから、家に戻ってきていたんです。両親と私、妹という家族4人で過ごすことが増えました。 家族と過ごすうちに、「やっぱり家族っていいな」という思いがわいてきて。でも、実家の家族とはずっと一緒にいられるわけじゃない。「私、このままでいいのかな......」と、いろいろ考えるようになったんです。 そこで、自分が結婚したいのかどうかを確かめる意味でも、「もう一度婚活をやってみよう」と思いました。 Punonoを選んだ理由 アプリでの失敗を活かして、今度は仲人型の結婚相談所を探すことにしました。結婚相談所のマッチングをしてくれるサイトがあったので、群馬県内で絞り込みをかけて検索したら、3つぐらいオススメが出てきて。その中の1つがPunonoさんでした。 オススメの中で、実際に訪問した結婚相談所は2つ。 もう1つのところは、会員さんが結構多くて。でも、それに対して仲人さんが少ない。手薄な印象がありました。 Punonoさんの方が、より親身になってくれそうで、1人1人をしっかり見てくれる感じがあったので、Punonoさんに登録することにしました。 初回の面談の時、帰り際に「どうしますか?」と言われたんです。「入会しちゃいますか?」と。それが全然押しつけがましくなくて。 私の性格的に、面談に行ったことだけで満足して、そのままフェードアウトしてたかもしれないんです。たぶん、そこを感じ取って、一押しの言葉をかけてくれたんだと思います。 それで、「あ、入ります」みたいな感じで、そのまま入会しました。 決して押し売りではなく、「なんか、大丈夫かも」みたいな。ちょっと感覚的なところで言葉で言いにくいんですが、そういう安心感がある。「大丈夫だな」と思わせてくれる説得力があったんです。 2023年に結婚したい、婚活を始めたい女性を応援します!入会費半額キャンペーン実施中 詳しくはこちらをご覧ください。

バリキャリ女性でも結婚できるのが、結婚相談所

2022/11/30

こんにちは! 群馬県 高崎 前橋の結婚相談所 ブライダルPunonoの清水かなこです。 私の結婚相談所、ブライダルPunonoに登録される女性の会員さんは、お仕事を頑張っている方も多くいらっしゃいます。 そして、そのような「頑張っている女性のためにある!」と言ってもいいのが、結婚相談所です。 私は結婚相談所へのご登録をお考えの方と、登録されるかどうかは次の話で、まずじっくりお話を聞いているのですが、お仕事を頑張っていらっしゃる女性の多くがおっしゃるのが「自分の目指す仕事の形がOKな男性がいない」ということです。 奥さんには専業主婦に、と考える男性は少なくなっていますが、結婚したら女性には家のこともしてもらって、子供が生まれたらそのための時間を多くしてほしいと考える人が多いもの。 「結婚してもバリバリ働きたい」と考える女性の考えとマッチしない、そんなケースが多いんですね。 そういうときこそ、結婚相談所の出番です。私の結婚相談所では「目指す結婚生活」のイメージをじっくりお聞きしています。その上で、結婚してもそれまでと変わらない形で働きたいと考える方には、その考えを尊重するお相手をご紹介しています。 私の結婚相談所には女医さんも多いのですが、女医さんは忙しく、また結婚後もお仕事を続けたいと考える方がほとんどです。 そういう方には、バリバリ働く女性を支えたい、自分が主夫になってもいいという男性がベストマッチ!速やかにマッチングし、成婚、退会されていきます。 今の時代、結婚の形もいろいろになっています。男性も「自分のほうが稼ぎが多くあるべき」にこだわらない人が増えてきている印象です。 「世間体もありますから、言いにくいところもあるんですが、僕は男性でも女性でも、稼げる人が稼いだらいいと思っています。女性のほうが稼げる仕事ならば、男の自分に出産は無理でも子育てなどで、その人がもっと稼げるような手伝いをするというのも、結婚の形としてアリなんじゃないかと」 ある男性の声です。 バリバリ働く女性にとって、また主夫をしたい男性にとっても、理想とする結婚生活を実現できるパートナーに、自然に出会うことは難しいでしょう。 ぜひ結婚相談所で、普通の生活では出会えない理想のお相手を、見つけていただきたいと思います。

「婚活するなら、早ければ早いほどいい」成婚者インタビューYさん③

2022/11/03

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。 Yさん(男性・会社員/サービス業・40歳) お相手の方(女性・ダンス講師・33歳) Punonoの良いところ 親身になってくれるし、アットホームなところがいいですね。 時間を気にせず連絡もしてくれるし、困った時など、「どうしていこうか」と、いろいろ考えてくれます。 全然ビジネスライクな感じがないんです。 アドバイスに心がこもっているというか、本当に「卒業させてあげよう」という気持ちなんだと伝わってきました。 心からのアドバイスなので、たまに、耳の痛いことも言われます。「もっと連絡しないとダメよ」とか。 男性の場合、どうしても自分から働きかけないと話が進みにくいというところがあります。 引っ込み思案だからといって、あんまり遠慮していたのでは、話が進みません。 私は自分から積極的に働きかけるのが苦手なんですが、そういうところもPunonoさんは分かってくれています。 それでも、言わなきゃいけないときは、厳しい言葉もかけてくれました。 婚活中の方へのアドバイス 諦めちゃおしまいです。これだけはお伝えしたいです。 あと、もし結婚相談所への入会を迷っているなら、とりあえず入ってください。入ってから考えればいいんじゃないでしょうか。 迷ってるうちはスタートが切れませんから。 入会してみて、もし合わなければ、退会するなり、他の相談所に移るなり、手段を考えればいい。 結婚したいと思っているなら、何か動き始めないと、どんどん年を取っていってしまいます。 自分でも、「もっと早く知り合っていれば...」と、思うことがありますから。まぁ、考えたって仕方のないことですが。 実は、娘が生まれたばかりなんです。 すると、この先の人生を考えちゃいますよね。 「この子が成人した時、自分は何歳かな」と。 「70歳まで働かないとだめかな」とか。 婚活するなら、早ければ早いほどいいと思います。 あと、婚活について具体的なアドバイスをするとしたら、断られたときに、自分なりに心をリカバーする方法を探しておくといいです。 たとえば、「断られたらこれを買おう」とか。 普通だったら、成功したらご褒美で買おう、みたいになると思います。 でも、そうじゃなくて、断られたら残念賞で何か買う。好きなことをして気分を変える。 それで次に向かう元気を取り戻すんです。 もし、迷っている人がいるなら、まずは始めてみてほしい。 結婚したいと思っているなら、とにかく活動してください。

「妻に会えるまで諦めなくて、本当に良かったと思っています」成婚者インタビューYさん②

2022/10/10

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。 Yさん(男性・会社員/サービス業・40歳) お相手の方(女性・ダンス講師・33歳) 諦めたら終わり お見合いは、断られるのが当たり前。私もかなりの人数から断られました。 最初のうちは、断られた人数を数えていましたが、そのうち分からなくなっちゃった。そのくらい断られても、それに慣れるということはなくて。やっぱり断られると堪えるんです。 でも、「ここで諦めたら終わりだ」と思って、婚活を続けました。 少しは婚活を休む期間があってもいいのかもしれませんが、私の場合、一度休んだら、そこでやめてしまいそうな気がしたんです。 もしかしたら、今日登録した人がいるかもしれない。その人に申し込んだら、うまくいくかもしれない。「それなのに、ここで休んでいたらダメだ」って。 断られる経験を積むうちに、「あ、これは多分断られるな」ということが、だいぶ分かるようになりました。その予感がないときに断られると、かなり凹むんですが。 通常、断りを受けるときは、アドバイザーさんを通します。直接言わないことになっている。 でも、妻のときは、「もし断るんだったら直接自分に言ってほしい」と伝えました。 これはルール違反なんですが、でも、直接言ってほしかった。「手放したくない」と強く感じていたんです。 初対面でも安らげた妻とのお見合い 妻と会っているときは、それまでのお見合いとは全然違いました。 一緒にいて疲れない。 お見合いは、相手の方と会える喜びはもちろんありますが、結構疲れるんです。初対面の方と過ごすわけですから。 ご飯を食べたりしていても、「疲れたな」と思ってしまう。 でも、妻と会った時は、最初から全然疲れることがなくて。「次のお店、どこに行こうかな」と自然に思えました。 妻と初めて会ったときは、コロナがすごく流行っていた時期だったので、食事ではなく、「コーヒーを飲むだけ」という約束になっていました。 しかも、できるだけ閉店時間の早いお店を選んでいたんです。そうすれば、もし話が弾まなかったとしても、すぐ帰れるし......と思って。 それなのに、「あれ、もうちょっとお話ししたいな」と。 そこで、次のお店に誘いました。妻となら自然体でいられたし、話しているうちに「もっと一緒にいたいな」「もっといろんな話がしたいな」って。 これまで数えきれないくらいお見合いしてきましたが、初対面でここまでリラックスして楽しめたのは、初めてでした。 ちなみに、妻のほうは、お見合いが初めてだったらしいです。 こっちは何十回もお見合いしていますが、それでもやっぱり、最初は緊張でガチガチなんです。 お互い緊張している状態で始まったお見合いなのに、自然と緊張がほぐれて、楽しい雰囲気になれたんですよね。 5年間の婚活を経て成婚 Punonoに登録してから2年で成婚しました。その前に登録していた結婚相談所と合わせると、トータルで 5年近く婚活したことになります。 5年の間、休むことなく、お見合いをしてきました。 「諦めたらおしまいだ」という気持ちがありましたから、割とコンスタントに申し込んでいました。 時にはペースが落ちたこともありますが、そうすると、「今度この人はいかがですか?」という連絡がきます。 でも、自分で選んで主体的に活動したいという気持ちがあったので、気を取り直してまた積極的に活動するようになりました。 毎月 5 人ぐらいに申し込んでいました。たくさん申し込んでも、お見合いに進める件数は、そこまでではありませんから。 とにかくもう「止まっちゃったらおしまいだ」っていう、その一念でした。 妻に会えるまで諦めなくて、本当に良かったと思っています。

「すごく親身になってのアドバイスをもらえました」成婚者インタビューYさん①

2022/10/02

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。 Yさん(男性・会社員/サービス業・40歳) お相手の方(女性・ダンス講師・33歳) 婚活を始めたきっかけ 結婚したいという気持ちはずっと持っていました。でも、職場と家との往復ばかりで、出会いがなくて。 自分はあまり積極的に女性に声をかけられるようなタイプではありません。なので、女性としりあえたとしても、なかなか交際に発展しませんでした。 そこで、本腰を入れて婚活しようと決めました。 婚活の方法に結婚相談所を選んだ理由 結婚相談所であれば、相手の方の身元もしっかりしているという安心感がありました。 あと、結婚相談所には本気度の高い人が集まっているイメージがありました。本当に結婚したい人が集まってきているんだろうと思ったんです。 私は自分から声をかけたりすることが苦手なので、お見合いタイプの方が合っていると思ったことも、結婚相談所を選んだ理由です。 街コンやパーティの場合、自分から働きかけるのが上手な方には向いているでしょうけれど、私みたいな引っ込み思案なタイプには難しい。たぶん、何にも起こらないまま帰っちゃうんじゃないか。そんな気がしました。 アプリとかもありますが、私、ネットとかでやりとりするのがあまり得意じゃないので。 アドバイザーさんとか、人が介してくれた方がいいと思ったんです。 それで、結婚相談所で婚活することにしました。 Punonoを知ったきっかけ Punonoに登録する前は、他の結婚相談所で3年ほど婚活していました。そこでお見合いを繰り返していたのですが、どうにも結果が出なくて。 そんな時に、親がネットで調べて「こことかいいんじゃない?」と勧めてくれたのがPunonoでした。 せっかく調べてくれたし、「とりあえず説明だけでも聞いておくか」という感じで行ったのが、最初です。 Punonoに入会してみて Punonoに入会してみてよかったのは、とても面倒見がよくてアドバイスが的確なところです。 それまでは、お見合いで断られても「ダメでしたね」で終わりだったんですよね。なぜダメだったのか、振り返りというのが特になくて。 そうなると、失敗を次に活かすことができないじゃないですか。そうしたら、なんだかだらだらしてきちゃって、ただ続けているという感じになってしまった。 でも、Punonoでは、「 LINE をどんどんしましょう」「積極的に働きかけましょう」とアドバイスがもらえました。すごく親身になってくれて。 実は私、それまでLINEを使ったことがありませんでした。でも、LINEを使ったほうが婚活がスムーズに進むということで、Punonoさんが登録の仕方やメッセージの送り方など、イチから教えてくれました。 あと、途中でプロフィールの写真を変えたのですが、わざわざ東京のスタジオを探してくれて、予約まで入れてくれました。 本当にいい写真が出来上がって、かなりモチベーションが上がりましたね。 お見合いって、うまくいかないことのほうが多いと思います。 そのとき、親身になってくれる人がいると、「くじけないでまた頑張ろう」という気持ちになれるんです。

「自己判断ではなく客観的に見てもらえる。そこが結婚相談所のいいところ」成婚者インタビューMさん③

2022/09/26

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。 女性の会員さんのものです。 Mさん(女性・会社員/福祉・30歳) お相手の方(男性・会社員/医療・30歳) 成婚に至った経緯 Punonoさんに入会してから成婚までは、4ヶ月ぐらいです。 5人くらいの方にお会いしましたが、結局、お1人目の方と結婚しました。 あんまり長びかせてもしょうがないかな、と思ったのと、あと、無理せずコミュニケーションが取れる方だったので。コミュニケーションが一番重要だと、私としては思っていて。 「もっといい人がいるんじゃないか」とか、欲を出しちゃうとキリがないですし。 自分が楽に接することができるかどうかを重視して決めました。 相手を選ぶとき、街コンとかアプリだと、自分で判断するしかないじゃないですか。それって、かなり難しいことだと思うんです。 でも、仲介の方を通すことで、「この人が合うんじゃないか」「こういうところが合うんじゃないか」って、自己判断ではなく客観的に見てもらえる。そこが結婚相談所のいいところですよね。 思いのほか疲れた 「あんまり多くの人と会っても分からなくなる」と言われたので、「10人くらいに会ってみよう」と思っていました。でも、実際には5人くらいしかお会いしていません。 なぜかというと、疲れるんですよ。仕事しながらだし、もう、そんなに会っていられない。 これはその人の仕事によるのかもしれませんが、婚活って、そんなに長く続けられるものじゃないと思います。 私の場合、職場がシフト制で、土日固定休ではありません。でも、相手の方は土日休みだったりするじゃないですか。だから、仕事の早く終わる日に合わせたりとか。 とりあえず「疲れてても頑張るか」と、なんとか乗り切った感じです。 結婚相談所に入会するか迷っている方へ 優柔不断な人には、結婚相談所はかなりお勧めです。いろいろアドバイスをくれるので、自分の気持ちの整理もしやすくなります。 Punonoさんの場合、ぐいぐいこられるのが苦手な人でも、受け入れられるような雰囲気になっています。 あと、大事なことですが、お値段的にも、Punonoさんは利用しやすいと思います。 Punonoさんに行く前に、いろいろな結婚相談所を見たのですが、他のところよりリーズナブルで、なのにしっかりサポートしてくれました。

「素直に言われたことをきちんとやるのが近道」成婚者インタビューMさん②

2022/09/17

ブライダルPunonoで成婚された方の声を、詳しくお届けします。 女性の会員さんのものです。 Mさん(女性・会社員/福祉・30歳) お相手の方(男性・会社員/医療・30歳) 婚活を意識してから入会まで1年迷った 実は私、婚活を意識してからPunonoさんに入会するまで、1年間くらいずっとあれこれ悩んでいたんです。 マッチングアプリを使ったり、街コンに行ったりはしていましたが、そこで自分でちゃんと相手を選べる自信がなくて。でも、相談所っていうと、ちょっと堅苦しいイメージがあって、なかなか行ってみる勇気がでなかった。「今の時代に、結婚相談所って、ちょっとどうなんだろう」みたいな、変な先入観があって。 ネットでいろいろ調べてはいたものの、そこから1年、何もせずにいたんです。 今思えば、そこまで不安になることはなかったなぁ......と思うんですが。 Punonoに入会してみて いろいろぐいぐい勧められるのかと思っていたんですけれど、そうでもなくて。 「あれ、なんか放置されてんのかな?」と思うくらい(笑)。 結婚相談所に入会するのが初めてだったので、最初は少し心配になりましたが、質問すればすぐに答えてくれるので、「そういう感じなのね」と納得しました。自分のペースを乱されずに進めることができたので、だんだんこのやり方が心地よくなっていきました。 こちらにエンジンがかかるのを待っていてくれたのかもしれません。 Punonoさんへ相談に行くときも、なんだか雑談しに行ったみたいな感じのことが多かったです。 自分の気持ちを整理する時間......みたいな感じでしたね。 人見知りだったり、コミュニケーションが苦手だったりする人は、すぐに相談って難しいと思います。そういう人には、雑談する中からちょっとした悩みを引き出してくれるPunonoさんのスタイルは、向いていると思います。 自分の中で一番活きたアドバイスは、「いつからいつまでやるのか、期間を決めて動いたほうが、覚悟ができるわよ」という言葉です。 いつまでに頑張るといったことを、何も決めずに相談に行っていたのですが、このアドバイスを受けて、考え直しました。それが成婚につながったので、素直に言われたことをきちんとやるのが近道だと思います。
無料相談予約

ご相談

無料相談予約 無料相談予約        ページトップ